入院してきた! 退院した!【後編】
出てきたー。

入院とか軽く考える駄目な覚書(手続きで涙目)
入院してきた! 退院した!【前編】 の続きです。

「むしこさーん、もう起きてるでしょー、あなたが見たがってた患部だよー」
「あ、はえ、ああ、なんかもじゃっとしたのが……」
起こされました。

時間にして13:45スタート15:30終了。
しかし残念なことに、まだ麻酔が醒めきっておらず、
見せて貰った患部はなんか白っぽくて黄色っぽくて
黒っぽい繊維状のものがうじゃっとしてただけで、よく見えませんでした。
あの、飯盒に入ってる御盆みたいのは現役のようですよ?

とにかくストレッチャーに移され、部屋に運ばれます。看護師さん力持ち。
手術室から出たところにパパママちこがいて、すぐ話ができた私に安心してる模様。
たぶん。

起こされ当初は麻酔で目が回ってたけど、部屋に着いた頃にはもう平気になってた。
いろいろすごい。どんな成分なんだ。
部屋のベッドに戻って、点滴、血栓対策のふくらはぎマッサージャー、
酸素マスク、尿カテーテル、バイタル確認の機械とそこから胸許へ伸びる3本のラインと
左手人差し指に伸びる1本のライン、

えらい賑やかなセットに囲まれて横たわる私。
ワーオ、病人のよう!(病人です)

見舞いの皆様がお帰りになり、うとうとしつつも
「こりゃじっくり寝るのムリだわ」って設備に囲まれて。
しょうがないのでKindle読んでました。明るい話を重点的にね!
頭使わなくて良さそうなライトなやつをね!
ありがとう、ビーンズ文庫、ありがとう、なろう小説!
うわー、つぅるつぅる読めるよー


なんて気を紛らわしつつも。
さすがあちこち変な感触。オムツだし!見えないけども。
起き上がれない。身動き取れない。
患部は下腹も下の方でしたが、切ったのはヘソなので、腰に力が入れられないんですよ。
身じろぎするだけでつい下腹に力が入る…でもじっとしてるのもしんどい。
生理痛のだるい感じを寝返り打てずに耐えてる状況、に似てる。
それに、ふくらはぎがマッサージャーに固定されてるので、左右には振れても
膝を曲げようと上に引き寄せるのはできないんですよ。
なかなかしんどい。
でもマッサージャー自体は気持ちいいので1台欲しいですーコーパー言ってうるさいけどもー

まあでも、消灯する頃には多少ゆらゆら動けるようになってた。
ちょっと横向いたりしてた。
あと、バイタル用のラインが1本、シールが剥がれやすくなってて、
ちょっと動くとすぐズレて、本体が「ぴこーん、ぴこーん」って訴えるので
最初はナースコールを何度かする羽目に。
そのうちシールの粘着が弱いってわかって、動いて剥がれそうになったら自分で張り直してた。
一番長いラインなので、右向くと剥がれちゃうんだよ……

その夜の私のベッドは、マッサージャーがコーパーゆって、
バイタルがピコピコ言って、
斜め向こうの妊婦患者さんのお腹の張りを確認する機械もしょっちゅう警報出してて、
やたら賑やかな夜でした。
まあ寝られないよね。股にカテーテル入って擦れるしね。うう、生暖かいよう、なんかいやだあああ……

で、なぜか、そのうち胸が苦しくて寝られなくなってきたのですよ。

そもそも「痛かったら痛み止め出すからね、言ってね」て言われてましたけれども。
なんか全体的にジーンとしてて、「痛ッ!」てのはなくて、痛み止めかあ、いらないかなあ、
こんなもんだよなあ
と、思っていたのですよ。
けど、どんどん胸が苦しくなって、なんだこれ?って感じで、遂に看護師さんに
「痛み止め下さい。胸が苦しくて」と訴えました。
「あー、ガスだね、すぐ先生に薬出してもらうからね」と去って行く看護師さん。

……ガス? ガスってなんだ? よく病院物だとおならのこと言うけど、
それはさすがに違うよね、?????


痛み止めの点滴を補充され、でも疑問は疑問のまま質問する気力もなく、
これまた即効性。
ストーンと寝ましたね。
寝て、起きてから気づきました。私、きっと痛かったんだって。
「あ、本人が『痛くなく』ても『痛い状況』なんだから、痛み止め飲めばいいんだ」
熱で思考回路が停止してるんでしょーねー。

いつの間にか11/5は終わり、11/6。
朝ご飯、2口目くらいからすごい胃が辛くなる。なんだこりゃ、と思いつつも、
ゆっくーり完食。しかし内臓すごいだるい。大丈夫か私。
でも看護師さんにはビックリされて褒められた。

09:30にはマッサージ終了、点滴も終了。カテーテル抜いて歩行訓練ー。
早く自分でトイレ行きたい……カテーテルびみょうなきぶん……
歩行訓練は、点滴棒に掴まって、ベッド降りてカーテン開けてドア出て、

終わり。

えっ? これだけ?
「あーねいいですね、じゃあもう戻りましょう。行けそうだったらトイレ行きましょう。
最初はナースがついて行くので、行きたくなったらナースコールしてね」
えっ? まじでこれだけ?
まあいいけど。

11:50トイレも無事OK。ただし膀胱炎を思い出すの……中身が減ると痛いとこが。
(膀胱にね、10mmくらいのウニがいてね、普段は水中を漂ってるんだけど
水が排出されると内壁にトゲがね、)「いてててててててて」
なんか内臓が落ちるんじゃないかって錯覚もするしさー。ア゛ヴァー。

それでも昼も夜も完食したし、「元気だよねー」と看護師さん(複数)に言われてました。
ご飯食べる度にすごいだるいので質問したら、
「胃腸がね、麻酔から醒めて動き出してはいるけど、まだいつもの自分を取り戻して
ないからだよ。定位置に戻ればそのうち治るよ」
ほー。
昼過ぎには先生が顔出して「子宮とか輸卵管とかもきれいだったからね」と言われ、
「(そのチェックは想定内でしたけど)他の臓器も見たって聞きましたが…」と訊ねたら、
「うん、一通りね、腸管も見たよ。みんなキレイだったよ」と返ってきて
(腸管? 外からだよね? 中は穴あけないと見らんないもんね??)とぐるぐる思考してたら
「見たいならビデオ見せたげるからね~」
聞くことがまた増えたヨ…
「明日はびっくりするくらい楽になってるよ」と
にこやかに言われて、あれ?けっこう回復早い?とうきうきしてました。

けど、11/7 07:00、今朝もあまり変わらない……(笑)

7日朝は明け方に、外国語混じりの女の子が泣き叫びながら、
「もう痛くてたまらないから帝王切開してくれ(通訳の男性)」と訴える事案発生。
看護師さん無視(そらそーだ。そんなん後々もっとタイヘンだ)
すげえ叫び声。あんまりすごいので、同室の人がドア閉めた(笑)

熱は昨日より低い様子。クラクラはしなくなった。
9:15に痛み止めもらって、10:30にお通じ&シャワー。
実は、6日朝に痛み止めの効果を目の当たりにしておきながら、
昼以降は飲まなかったんですよ。
でも咳したりベッドから降りたり
小トイレ行ったりする『下腹に負荷がかかると痛い』状態のままでは
大トイレに行く気になれないかもしれないので、飲むことにしました。
QOLですよ。
素で低空飛行するよりも、薬で平常運行しようぜという。
(まあ「劇的によくなる」を実感してみたくて薬飲まなかっただけだから、
よくならなかった時点で比較検証終わりです(笑))
おかげで今、しゃっくりでても痛くない!痛み止めヴラーヴォ!

鎮痛剤のおかげで下腹全体的な痛みは回避できてるんですが、
切り傷のあるヘソはそれなりにまだ瞬間痛むのれす。屈んだりすると。物理的に。
つまり穴を開けた周辺1cm四方くらいだけじわじわするるるる。
わわわわわ。うなななな。
そんな感じで本日終了。もーね、ずっと本読むか寝てるかだよ。

11/8 すでに生活リズムが激狂い。
昨日寝たの1:50頃だったのに、起床前に目が覚める始末。
入院中最後の診察を10:00。術中DVDをみながら先生の解説。
ほとんど出血してないというだけあって、確かに映像はスプラッタ一切無し。
腸は外からだけでした。よかった。
「この黄色いのが脂肪。少ないね」と、小腸周りを指しながら言う先生。
ああ、つまり、これ、皮下脂肪なんですね(腹を撫でながら……

でも退院です!

部屋に戻って私服に着替え。2Lパジャマズボンとはオサラバだ!
術後は、MとかLはゴムが切ったところを圧迫して苦しかったのですよ。
ちょっと失敗なのは、入院時に着てきた服がローライズ気味のパンツで、
オーバースカートあるとはいえ、さすがにボタンは留めないと下がっちゃうよね(゚∀゚)
でも圧迫はやっぱりムリだったので、ボタンとファスナーは全開のまま穿く。
まさかこんなプレイをする羽目になるとは……


で、着替えたので入院費の支払いに受付へ。
入院費 高っけーーー!!! さすが!!
そして「足んなかったらカードでいいだろ」などどいう思惑は
「現金払いのみです」の一声にすごすごと敗退しました。
家の財布と私の財布とちこパパママの見舞金で足りたよ!
「お手持ちありますか」って聞かれたけど、危なかったー(笑)
ちなみにATMはありました。でもカード類は家に置いてきてたからなあー

今朝の血液検査の結果が届く。
おおー、CRP1.98!炎症反応軒並み数値悪!

ちこが迎えに来て、帰宅。

11/8自宅 体重がね、増えてたの。
     1日1800kcalは成人女性には多いと思うんだ(退院直前に訊ねた)

11/11 ヘソかゆーい!(かさぶた治りかけなのかしら……)

11/13 ママン来襲。駅まで見送り。たまには運動しないとね……

11/14 買ってきた空DVDに借りてきた手術DVDのコピー。
     初めて通しで観た。いやー、技術革新って素晴らしいなー!! 
     詳しくは嫌な人がいるだろうから折り畳むけど、自分のお腹の中で
     アレが繰り広げられてたとは……お医者さんありがとう!
     あと、胸が苦しかった理由がわかった。
     術中、視野の確保にお腹に空気を入れて膨らませてるんだね。
     それがベッドで寝てるうちに胸まで拡がってきた、
ということでしょう。

11/19 最終通院終了ー。
     私「ヘソがかゆいんですけど」ララ先生「ああ、縫い糸だね、もう取っちゃおう」
     ピンセットで引っ張るとぷちりと取れるよ!縫い目を4個くらい取って終わり。
     病理検査結果と、患部の写真をコピーしてくれました。
     そして悪性無し! ありがとうございました!
【2014/11/26 21:45】 | どーでもいーけど | トラックバック(0) | コメント(0)
<<手術DVDを観たよ | ホーム | 入院してきた! 退院した!【前編】>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://molv.blog.fc2.com/tb.php/596-55827565
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

<<

ときどきピスィモー

イベント報告、 買った漫画のコメント、 実況ダイエットなど。

プロフィール

まるた曜子

Author:まるた曜子
別名 むしこ

同人誌とかやってる
漫画・活字中毒患者。
でも最近読み専になりつつ
ありますヨ。

サークル名:博物館リュボーフィ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

カウンター

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する