FC2ブログ
イベント報告、 買った漫画のコメント、 実況ダイエットなど。
[再会/再開]の会話は
「ねえおばさんの写真ないの写真」
 日曜の朝っぱらから乗り込んできた彼女が屈託無く笑う。仕方なく、コルクボードにピンで刺した封筒からそれを取り出す。
「あたしも写ってるじゃん。しかもおばさんちっさ! こんな古いのじゃなくてさ」
 ワザとおっきく溜め息ついて、写真を取り上げた。
「これ、おじさんがくれたんだよ。そっちの引越のあと、ウチ全部焼けちゃったからさ。その頃なら転送されたのに」
「え、まじで…」
「賞金半分損したね。ま、あの歳でそんなの、知ってるわけないけど」
「あはは…」
「だからスマホに家族写真とっとくといいよ」
「ハイ」
「あと本ありがとう。これも燃えたんだと思ってた」
 泣いてるみたいな笑顔だ。きっとあたしも。

こちらの続きとなります。
ちょっと厚かましいけど機転が利く子と彼女を苦手に思いつつ振り回される子の
ライトなミステリーにはたどりつけそうにありませんから。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック