FC2ブログ
イベント報告、 買った漫画のコメント、 実況ダイエットなど。
第2回 文学フリマ京都 ありがとうございました&お茶観光
健康のために前乗りすることにしたんです。
当日朝めっちゃ早く起きて当日夜意識飛ばしながら帰るのヤバみあるなって。

で、前乗りするからごはん~って呟いたらスパダリ宇野寧湖さん(@unonei_mbsp)が!
「折角だから観光案内しますよ、どこ行きたいですか?」と!
特に予定無く昼からのんびり向かって観光する気の無かったわたくし、焦りました。
「お茶カフェとか……あ、でも抹茶じゃなくて煎茶が好きなんですけどそういうとこありますかね」
「宇治ならカフェもたくさんあるし、平等院鳳凰堂も公開されてますからオススメです。
和束町という茶所もいいし、福寿園の工場見学もできますね。どうしましょう」
と、パパパっと複数プランが提示されエエエエエと狼狽えるわたくし。
そんな付き合いたての彼氏みたいなエスコート初めて!!(マジ)

残念ながら福寿園の山城工場と福寿園CHA遊学パークはちょっと遠かったので、
宇治の福寿園「宇治茶工房」にて
「陶板で宇治茶づくり」体験をすることに。これを午後の予定にして、
朝10:30に京都駅で宇野さんと合流。めっちゃ早起きがんばった。
JRで宇治までことこと。11:00過ぎには平等院に。
琵琶湖で盛り上がり、鳥人間コンテストで盛り上がりつつ盛り下がる。
キッチュの話とか。美術史懐かしー。

IMG_20180120_114412.jpgIMG_20180120_120525.jpg
斜め。正面。

庭園に入場してすぐに鳳凰堂内部の拝観ツアーがあったのでいそいそエントリー。
係の方に連れられて堂内へ。予想外に靴脱がされた。天気はいいけど床は冷たいぞ。
写真不可なのでうまく説明できませんが、ウワー派手~(※ただしすべて色落ち)です。
天井がキラッキラで好みでした。あと飛天がいっぱいいると思ったら雲上天人というそうです。
そして死ぬときの信心深さでお迎えの台と列が変わるようなんですが、
ミュージアムにあった解説読む限りではかなりロクデナシでも上等なお迎えでした。
ええんかそれでっていうー。

浄土院だったか不動院だったかで厄除けしてきました。果たして結果は。
(どっちだったか覚えてないあたりもう)

ミュージアムも素敵でしたが、スケッチもダメってきびしいなあ。
たまたま平成30年記念イベントで宇治のお茶の歴史が展示されていてラッキー。
商人と職人と農民の鍔迫り合いがもうねw
淀みに浮かぶうたかたは且つ消え且つ結びて久しく留まりたるためし無しですわー

雲上天人の写真集と堂内再現彩色の画集は迷いましたが、似たようなの持ってる……
ので見送り~

ちょっと遅めに昼ご飯。ミュージアムにあったグルメマップ見て「とり天うどん」にしようと満場一致。
京都関係ないな? はなれ(食べログへ。サイトはないようです)
IMG_20180126_233206.jpg
うどんに載ってるのかと思ってたら別皿。抹茶塩でいただきまーす。
イエーイモモ肉~良質なタンパク質うま~(気にしない)
揚げたてでサクサクのジュワジュワでしたよ!

まったり創作の話していざ福寿園「宇治茶工房」へ。
「陶板で宇治茶づくり」
昨年のシーズンに摘んで蒸して冷凍保存していた茶葉(丁寧に言うと「ちゃよう」)を、
解凍して陶板で加熱して乾燥させていきます。
本来は蒸して熱々のまま揉むのを、あっためるという1工程入るんですね。

さて靴を脱いで作業場へ。ご飯でも脱いだしめっちゃ靴を脱がされる日である(・ω・)
手をよく洗ってスタート。立ちっぱです。
まずはあたためつつ葉を拡げます。あたためにムラがないようにですね。
大体あったまったらアクと渋みを取っていきます。丸めて画用紙にぐいぐい押し付る。
エー、そんな乱暴な方法でいいんだ~!(目ウロコ)

手で絞ります。エー、そんな(以下略)

また陶板に拡げて加熱していきます。今度は揉みです。縒りをつけるため、
手の平で押しながら丸め(ロール状)ます。往復しないのは縒りが外れるから。
なるほどそうですよね。
IMG_20180120_151249.jpgIMG_20180120_153740.jpg
IMG_20180120_160812.jpg
しおしおを拡げて乾かして集めて縒って乾燥させて

縒りつつも再度陶板で拡げて乾燥を繰り返します。ここ不思議。
癖をつけつつ湿ったままでは縒りきってはダメという難しさ。

それでもなんだかんだ1時間以上作業してあとは乾燥のみってところで休憩~
お楽しみの茶菓子とお茶~!
なぜか宇野さんは知らなかったけど( ・∀・)

煎茶だけど、60度70度90度で3回ずつ淹れてもらいました。
このねー、1杯目のねー、濃厚な出汁感!
じっくり出した旨味がすごいの。はー久しぶり~♡
自分じゃそんなに真面目に淹れないから……道具はそこそこあるけど、
湯飲みがマグカップって時点で(笑)

でも個人的には熱いのが好きです(アー)

IMG_20180120_162354.jpg
食べかけ。でも宇野さんもだもん!

揉んでる最中、ふたりとも集中して寡黙になってたので
インストラクターさんが「大丈夫です!?」と慌てて声かけてきたり。あ、心配いりません。
絵の話とか字の話とか(主に練習について)、煎茶の話ももちろんだけど
私の左利き用急須の話や
器とコーヒー好きな宇野さんのコーヒー講座もつき、
大変充実したイベントでした。
できあがりは各自持ち帰りましたんで飲むぞー。
IMG_20180120_163327.jpg

自分ち用に煎茶とかりがねも買ったよ!

ちなみに、熱めのお湯でもカフェイン控え目になる番茶(1番茶じゃないだけ)や
かりがね(くき茶)、
カフェインは普通だけど頴娃のあさつゆ(ノーマルな煎茶だけど渋み少ない)あたりが
熱いの好きな人にはオススメです。

京都で番茶って言うと焙じ茶をさすこともあるみたいです。
番茶を焙じたのがよく出回ってる(番茶の楽しみ方)んだろうなあ。推測だけど。

場所を移して夜ご飯。
出町うさぎ
たこやきいちごさん(@takoyakiitigo)と藍間真珠さん(@aimapearl)合流です。
たこやきさんは自己紹介で「宮田です」と名乗っていたのに
もうたこやきさんとしか呼べずごめんなさいね……宮田がぱっとでて来ないw
京料理とドイツ料理のマリアージュ(フランス語……)という想像つかないラインナップ
でしたが、じっくりまろやか日本、がっつり肉肉ドイツって感じでした。
ジビエなのにやわらかーい!レアー!(焼きはレア好き)
IMG_20180120_193426.jpgIMG_20180120_190002.jpg
IMG_20180120_202759.jpgIMG_20180120_212453.jpg
宿の都合でデザートを諦めて離脱しました。
(ところが実際にはもっと遅くのチェックインでもOKだった。ぐぬぬ)
ご飯中も仕事の愚痴や創作の話に終始して、あーしあわせー

これでこの旅のメインイベントが来てないなんて。マジか。


はい、一晩明けて文フリ京都~。

お宿からはちょっと歩いてバス。
前日宇野さんに「京都のバスはヤバイ。信用ならない」と諭されましたが
いざとなったら歩ける距離だったんでチャレンジ。
運行遅れは数分あったけど無事会場に辿り着きました。
それどころか車内で高梨來さん(@raixxx_3am)に会えたので「勝ったな」と。
詳しいひとがいる安心感~
少し並んだけど、会場はサークル入場時間より早くオープン。宅配搬入した荷物も
机下にあってスムーズ設営。会場設営班のみなさまありがとうございます~
IMG_20180121_103347.jpg
IMG_20180121_113929.jpg机の上とポスター。A1なんて小さいですね( ゚﹃゜)

ちょこちょこ買い物しつつごあいさつ~
夏コミケツイートで流れてきた差し入れを参考に
今回はめぐりズム腰&アイマスクセット名刺付。
めぐりズム信者が増えて嬉しいです……まだピル飲む前はよく下腹に貼ってました。
あとイベント会場では腰用を半分に切って両尻に貼ると、
パイプ椅子下からの冷えに効くからオススメ!太腿裏もオススメ!
特に国際展示場……底冷え……

そして差し入れが足りなくなる現実……渡せなかったひとすいません……
特に数は数えて無くてテキトーに持って行ってテキトーに配った結果です……

買い物もけっこうしたのでは?
頒布数もそこそこ?無配が40冊以上配れたので、なにかに繋がるといいなー

大事なことを!
今回はTwitterで公募されたペーパーのCMに応募しまして、
ツネぎくさん(@color_drop_t)に「サフト」のイメージ画サークル案内を!
描いていただきました!イエイ!
IMG_20180126_233223.jpgIMG_20180121_130941.jpg

アフターはたこやきさんの案内でcafe-cherishさんへ。
IMG_20180121_171129.jpg
ワッフル!このために会場ではたい焼きも甘いドリンクも見送った!あまあまうまうま。

でれーんとおしゃべりして、脳が停止してるのを感じながら京都駅方面へ。
帰宅の途につく。

あ、ひとつ不満なのが帰り際
「ゴミは各自で持ち帰りです、ただしダンボールはどうしてもだったら面倒見ます」
ってアナウンスしておいて、ダンボール持って行ったら拒否るのはなんで。
カッターもはさみも荷物に入れて宅配出しちゃってたから分解できないので押し付けた()けど
じゃあ最初から受け付けるって言うなよ……最後の最後でイラッとあるある。

どうみてもメインの文章量が激少なんですが、イベントはイベントだからなあ……(笑)
でも京都全体が楽しかったので、また行きたいですね。
お客さんの層はわりと一般っぽくてどこまで戦えるかは未知数ですが~

あとお茶もらったり買ったり制作したりしたので煎茶がいっぱいある!
うひょー!
静岡の時は荷物がお茶だらけで帰りが大変だったのですけど、
同じ轍を踏んでいます(・∀・) 学習機能とは

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック