ジェネラル・ルージュの凱旋
海棠尊です。田口・白鳥シリーズ第3弾。

・・・このシリーズ名はどうかと。桜宮市とか東城病院とか愚痴外来とか・・・

「ナイチンゲールの沈黙」よりずっと好きです。
そして今回の仕掛けは「ナイチンゲール」と同時進行というところ。
しかも、漫画では同じ出来事を違う登場人物から見た回が続いたりする技法がありますが、
これは2つが全く違う物語を紡ぎ出すという方法で高度だと思うのですよ。
まあそれはおいといて。

「必要悪」という言葉がありますね。
それから「組織ぐるみの隠蔽工作」「ルール違反とペナルティ」。
それらはどこまで許されるのか?そもそも許されることなのか?
今回はまさにそれを考える1冊です。
なにしろ会社というところは不思議なほど理不尽なことがまかり通るところで、
ありえないとしか思えないようなルールがあるものです。
でもそれは耳さわりのいい、「正しさ」が前面に出ていたりします。
「理想」というヤツです。

清く正しく生きるなんてたぶん人間には無理なんでしょね。
できるのは、正しくありたいと思い続けることでしょうか。
死ぬまでには清濁飲み込んで許容できる人間になっておきたいものです。
【2007/06/14 21:56】 | れびゅーん | トラックバック(0) | コメント(0)
<<6/14の報告 | ホーム | 6/13の報告>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://molv.blog.fc2.com/tb.php/86-31779808
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

<<

ときどきピスィモー

イベント報告、 買った漫画のコメント、 実況ダイエットなど。

プロフィール

まるた曜子

Author:まるた曜子
別名 むしこ

同人誌とかやってる
漫画・活字中毒患者。
でも最近読み専になりつつ
ありますヨ。

サークル名:博物館リュボーフィ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

カウンター

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する